ギフト選びは誰でも迷うものですが、上手な人は相手の好みを熟知して対応できます。

相手の好みにも配慮せずに、いい加減に選んでしまうと信頼関係が損なわれる可能性があります。季節外れの食材を選んだり、お酒が飲めない人にビールのセットを贈れば大変なことになります。基本的にはおもてなしの精神によって選ぶものですから、自分だけの都合で決めてはいけません。

ギフト選びはお中元やお歳暮の時期よりも早く行うことで、慌てることがなくなります。直前に決めようとすると失敗も多くなりますが、数ヶ月前から予約しておくと順調になります。旬の果物をギフトで贈る場合には、収穫時期になってからでは売り切れてしまうことが多々あります。

桃やメロンなどの旬の時期を調べて、予約して対応しておけば、最も美味しい状態で届けることができます。果物だけでなく、カニなどの海産物でも同様の対応をすることが大切です。ギフトで衣服や靴を贈る場合には、サイズが分からないと困ったことになります。

この場合には、相手からサイズを聞いておくことが大切です。しかしながら、サプライズでギフトを贈る場合には事情が違います。この場合には相手には知られないようにしながらも、失敗がないように品物を選ぶ必要があります。

衣服のサイズなどは、大まかに見ても分かるはずです。家族から間接的に教えてもらうことも可能ですから、色々と工夫をしてサプライズのプレゼントをすることがおすすめです。

お歳暮についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です