お世話になったあの人に、親戚のおじさんに、退院祝いに、お年賀の挨拶に、気になる女性へのサプライズに…など、ギフトは贈る側と贈られる側の関係性や、名目によりさまざまなバリエーションがあります。

やはり迷うのは肝心なギフトのセレクトでしょう。どういったものを贈れば喜ばれるのか、失礼にあたらないか、不要なものではないか…と思い悩む方も多いはず。ギフト選びのコツをおさえて、笑顔になるセレクションをしましょう。

まずはアンテナを張りましょう。お相手の好みや欲しいもの、最近のブームを知ることが大切です。普段の会話を思い出せば大抵数点候補が浮かぶはずです。もし心当たりがなければ、回りの方にそれとなく聞いてみたり、本人に少し探りをいれてみても良いでしょう。

また、好みを把握しているのであれば、普段の買い物時に見かけた時に心のリストにストックしておくと贈り物をする際、非常にスムーズです。そして、予算をある程度決めてしまうとさらにスムーズです。価格を見て商品を見て、と繰り返すうちに値段がどんどん上がってしまい、「この値段では失礼だ、しかしここまで出すのは厳しい…」といった風にキリがありません。

3000円なら3000円とすっぱり決めてしまうと迷いにくいです。また、3000円と限定する利点はもうひとつあり、その価格帯でランクが1つ上のものを選ぶことができる点です。

洋服やカバンで3000円はあまり良質なものが少ないですが、ハンカチやタオルに3000円出すと価値の高いものが選べるはずです。

お歳暮についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です