人付き合いがなくなったり、会社同士のつきあいも虚礼廃止によりお歳暮やお中元の類がなくなりました。

なかなか、誰かに物を贈るという習慣が少なくなりました。あっても送別に関わるくらいで、渡すものもお花がメインでしょう。ここ数年、その動きにも少しずつ変化が出てきました。特に、出産内祝いには若い世代からも見直されているようで、季節を問わず贈ることもあり、活性化しています。

徐々に子育てをする環境ができあがってきているせいか、子供が生まれたという話が多くなったと感じる人も多いかもしれません。実際に、保育所などはキャンセル待ちをすることも多いくらい、あちこちで出産のおめでたいニュースを聞きます。

出産内祝いというギフトが注目されているのも、このような社会的事情があるようです。出産のお祝いはたくさんいただくものの、そのお返しをどうしたらよいのか悩んでしまうこともありますが、今は百貨店などで出産内祝いギフトのおすすめがチョイスされていますのでそれを利用すると手軽に選べます。

赤ちゃんの体重にあわせた無農薬米や、名前の入ったバームクーヘンやカステラ、顔写真入り缶紅茶とクッキーのセットなど記念になるだけでなく、記憶にも残るギフトもあります。

親類縁者へはマナーの点でも気を遣わなければならないことも多く、贈りづらいということもありますが、あらかじめギフトとして用意されているものですからすべてクリアになります。その点でも安心して利用できます。

お歳暮についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です